So-net無料ブログ作成
春日部 ブログトップ

首都圏外郭放水路(その5) [春日部]

ここがあの地下神殿への入口です。
このグラウンドの下にあんな光景が広がっているなんて、ここからは想像できないですね。


nice!(169)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

首都圏外郭放水路(その4) [春日部]

先日紹介した地下神殿を掘るために使ったシールドマシン(掘削機!?)のようです。
ちょっと分かりにくいですが、今は時計として余生!?を送っています。


nice!(173)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

首都圏外郭放水路(その3) [春日部]

ここは第一立抗と呼ばれる洪水を溜め込む施設で、深さが70m、内径が30mもあるそうです。
スペースシャトルや自由の女神がすっぽり収まってしまうぐらいの大きさみたいです。
できれば下を覗き込みたかったのですが、安全のためここより先は立ち入り禁止でした。


nice!(180)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

首都圏外郭放水路(その2) [春日部]

この巨大な柱は奥行7m、幅2m、高さ18m、重さはなんと500tもあるそうです。
建設するのに相当な時間が掛かったと思いますが、どうやって運び入れたのか気になります。


nice!(183)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

首都圏外郭放水路 [春日部]

随分と間が空いてしまいましたが、大谷資料館に続く地下神殿の第2弾です。
地上入口から116段の階段を下るとこの地下空間が現れますが、危険防止のため階段では撮影禁止だったため、
今回は前置きなしに紹介します。
地下のパルテノン神殿と呼ばれている通り、全59本の巨大な柱が整然と建ち並んでいる光景は圧巻でした。
左下にガイドの方が写っていますが、比べてみるとその巨大さがよく分かると思います。




nice!(191)  コメント(22) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
春日部 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。